おすすめのカメラ関連商品紹介!

ディズニーにおすすめビデオカメラまとめ!選び方とポイント解説

こんにちは!この記事にお越しいただきありがとうございます。

ディズニーリゾートで必須の持ち物といえば『カメラ』です。

家族や友人、恋人との大切な思い出がたくさんできるディズニーリゾートにはぜひカメラは持っていきたいです。

ディズニーでのカメラといえば、写真を撮るためのカメラを思い浮かべる方も多いと思いますが、素敵な音楽とここでしかできない体験ができるディズニーリゾートはビデオカメラも最適です。

今回はディズニーにおすすめのビデオカメラの紹介と選び方を紹介します。

ビデオカメラをどうするか迷っている方はぜひ参考にしてください。

ディズニーへの持ち物はこちら

子連れディズニー必見!必須持ち物リストまとめ

ディズニーにビデオカメラは必要か!?

ディズニーといえばパレードです!

素敵な音楽と素敵なダンス、フロートが目の前を通りすぎていく姿は圧巻です。写真でも素敵なシーンを残すことは可能ですが、音楽とダンスは動画が1番です。

特に小さい子供を連れていく場合はビデオカメラが大活躍するでしょう!

その理由はパレードを見た子供が必死になって拍手いている姿を映像として撮ることができます。このようなあどけない姿を撮ることができる年齢は限られているので、本当に貴重な瞬間です。

ビデオカメラがあれば便利な人
  • パレードが好きな方
  • 子供が小さい方

ビデオカメラの選び方・ポイント

ビデオカメラの選び方やポイントを紹介します。

ビデオカメラの種類

一般向けのビデオカメラには大きく分けて2つの種類があります。

ビデオカメラの種類

  • ハンディカメラ
  • アクションカメラ

最近はアクションカメラはとても人気になっており利用している人も多いです。

それぞれの特徴を紹介します。

ハンディカメラ

「ハンディカメラ」は一般的なビデオカメラです。

一家に一台あるという家庭が多いのではないでしょうか。子供が産まれたタイミングで購入する方も多いです。

手持ちタイプでコンパクトで手ブレ補正もよく効きます。光学ズームも可能で簡単に高画質の動画撮影を行うことができ、様々なカメラが登場した今でもベーシックなビデオカメラとして人気のタイプです。

アクションカメラ

「アクションカメラ」はその名の通りアクティブなシーンで活躍する小型カメラです。

ヘルメットやバイク、自転車、リュックと様々な場所に手軽に取り付けることができ、自分が体験していると勝手に動画が撮れているという手軽さも魅力的です。

ほとんどのモデルが防水で水も気にせず撮影できます。

小型で耐久性もあるのでサブカメラとしても活躍できます。またズームはできませんが広角レンズにより普段とは全く違う映像が撮れるのも特徴の1つで、ファンタジーな雰囲気あふれるディズニーともよく合います。

ビデオカメラの手ブレ補正

ビデオカメラで大切な機能が手ブレ補正です。

手ブレ機能の善し悪しが直接画質へと影響します。

手ブレ補正の種類

  • 電子式手ブレ補正
  • 光学式手ブレ補正
  • ハイブリット補正

電子式手ブレ補正はカメラ本体が画像処理を行う段階でブレを修正する方法で、手ブレしていないように処理しているだけで実際には手ブレはしています。

その為、電子式手ブレ補正を強くすればするほど画質は劣化していくので注意が必要です。

光学式手ブレ補正はセンサーやレンズが実際に動いてデジタル化する前に補正します。

センサーに映像が届く時にはすでにブレが解消されているので、綺麗な映像を保存することができます。

『レンズシフト補正』と『センサーシフト補正』があり、それぞれジャイロセンサーがブレを検知すると、レンズシフト補正はレンズが動いてブレを補正します。センサーシフト補正はセンサー部が動いてブレを軽減されます。

両者の違いは、補正用のレンズが動くかセンサーが動くかの違いのみとなっています。

ハイブリット補正は電子式と光学式を組み合わせた手ブレ補正で、主にビデオカメラに搭載されている方式となっています。

光学式でデータ化される前に手ブレを補正し、更に手ブレが残っていれば電子式でも補正されるので性能が優れています。

バッテリー容量をチェック

ビデオカメラではフル充電した状態から何時間撮影できるかをチェックする必要があります。

どのメーカーも撮影時間はほとんど変わらないので品を選ぶ際は気にする必要がありませんが、自分の使い方に応じて予備のバッテリーを用意するかどうかの判断基準にはなります。

また、ビデオカメラによってはバッテリーが本体に内蔵されている物もあるので、バッテリーは取り替えができるタイプがおすすめです。

ビデオカメラのデータ容量をチェック

ビデオカメラには撮ったデータをSDカードに保存するタイプと最初から内蔵されているタイプがあります。

自分が購入するビデオカメラにはどれくらいのデータが保存できるかチェックするようにしましょう!

また、内蔵タイプか、SDカードを挿入するタイプかもチェックし自分の使い方にあっている方を選びましょう。より多くの動画を保存したい方はSDカードタイプがおすすめです。

ビデオカメラの解像度をチェック

ビデオカメラは主に『フルHD』対応モデルと『4K』対応モデルがあります。

フルHDの上が4Kで4K動画を撮れるビデオカメラはフルHD画質の動画も撮影可能です。最近は4Kモデルを購入する人も多いですが、4K画質の動画はデータ容量が大きくまだまだ扱いにくいものとなっています。

また4K対応のビデオカメラは価格が高いので人気機種は『フルHD』対応モデルとなっています。

画質にこだわる方は『4Kモデル』、とりあえず綺麗な動画を残したいと思う方は『フルHDモデル』がおすすめです。

イメージセンサーの大きさをチェック

ビデオカメラは搭載されている手ブレ補正も大切ですが、カメラの心臓であるイメージセンサーが最も重要です。センサーのスペックが高くなるほど高画質な映像を撮影することができます。

とは言ってもセンサーの善し悪しを判断するのは難しいですが、センサーは同じスペックだと大きさが大きくなるほど画質がよくなります。

表記は「1/2.3型」や「1/2.5型」などと表記されています。特別意識する必要はありませんが参考程度に見てください。

ビデオカメラの人気メーカー

ビデオカメラにも人気のメーカーというのがあります。

機種は様々ですがメーカーで選ぶというのも1つの選択肢です。ぜひ参考にしてください。

それでは人気メーカーを特徴も合わせて紹介します。

ソニー

ビデオカメラといえばソニーをイメージする人が多い程定番のメーカーです。

ソニーはセンサーを作る技術が高く高画質な映像を撮影することができます。センサーはカメラの心臓部分にあたり、綺麗な画質を撮るために最も重要なパーツですが、ソニーのセンサーは世界トップの実力を誇ります。

現在のカメラはデジタルが一般的なのでソニーはビデオカメラだけでなく、ミラーレス一眼カメラのシェアも大きく拡大しています。

またビデオカメラにおいてはソニー独自の空間光学式手ブレ補正がかなり優れています。

ビデオカメラにおいて重要な『手ブレ補正』と『センサー』この両方が優れているソニーのビデオカメラはかなりおすすめできます。

そしてアクションカメラにも空間光学式手ブレ補正が搭載されており、アクションカメラもおススメです。

パナソニック

ビデオカメラの人気メーカーといえばパナソニックも当てはまります。

パナソニックのビデオカメラならではの特徴は『ワイプ撮り』の機能があることです。

出典:https://panasonic.jp/dvc/feature/wipe.html

ワイプ撮りはテレビ番組のロケシーンにあるようにメインカメラの映像とサブカメラの映像を同時に記録でき、被写体と撮影者を撮影することができます。

単調な映像になりがちなビデオカメラを楽しい映像に仕上げることができます。

また、パパが写っている動画が極端に少なくなることが多いですが、この機能があれば家族全員が写った動画を撮ることも可能です。

性能面も良いので『ワイプ撮り』に興味がある方はパナソニックのビデオカメラがおすすめです。

GoPro

アクションカメラといえばこれを思い浮かべるのではないでしょうか。

最近はビデオカメラを片手に持っている人よりもアクションカメラを片手に持っている人の方が多く見かけるほど浸透しています。

特にGoProはアクションカメラのパイオニア的存在で大人気のメーカーです。

スマホとの連動もよく、アクティブな動画を撮影したい方におすすめです。

おすすめビデオカメラ

それではディズニーにおすすめのビデオカメラを紹介します。

ここでのポイントは以下の通りです。

選ぶポイント
  • 価格が手頃である
  • 荷物にならずコンパクト
  • 使いやすく操作が簡単

パナソニック HC-W585M

画質 フルHD
光学ズーム 50倍
手ブレ補正 光学式
センサーサイズ MOS 1/5.8型
撮影時間 約2時間20分
記録メディア 内蔵メモリー (64GB)
SDカード
SDHCカード
SDXCカード

パナソニック独自のワイプ機能を備えたベーシックモデルです。

ベーシックモデルでありながら、十分な機能を兼ね備えておりカラーバリエーションも3色から選ぶことができます。

また、光学50倍という驚異的なズーム性能も誇り遠くからでもバッチリ撮影することが可能です。

価格も3万円代前半と手頃でかなりコスパの良いビデオカメラとなっており初めてのビデオカメラにもおすすめです。

内蔵のデータ容量が64GBあるので1番高画質で撮影した場合でも約5時間20分記録することができます。またSDカードも使用することができるので足りなければ付け加えることも可能です。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥34,492 (2018/11/12 19:45:31時点 Amazon調べ-詳細)

ソニー HDR-CX680

画質 フルHD
光学ズーム 30倍
手ブレ補正 光学式
センサーサイズ CMOS 1/5.8型
撮影時間 約2時間45分
記録メディア 内蔵メモリー (64GB)
microSDカード
microSDHCカード
microSDXCカード
メモリースティックマイクロ

圧倒的な手ブレ補正の強さを誇るソニー独自の『空間光学式手ブレ補正』を搭載したビデオカメラです。

手ブレ補正にこだわる方におすすめのビデオカメラで、ズームしながらでも移動しながらでも安定した映像の撮影が可能です。

広角レンズを搭載していることも特徴で、広い範囲を一度に捉えられる、最大広角26.8mmのレンズを搭載しています。狭い室内などで被写体との距離がとれない時や、発表会などで横に広く撮りたい時にも便利です。

ソニー FDR-AX45

画質 4K
光学ズーム 20倍
手ブレ補正 光学式
センサーサイズ CMOS 1/2.5型
撮影時間 約2時間40分
記録メディア 内蔵メモリー (64GB)
SDカード
SDHCカード
SDXCカード
MS PRO Duo
MS PRO-HG Duo
MS XC-HG Duo

4K動画を撮影できるソニーのビデオカメラです。4Kを撮影できるようになると途端に価格が上昇しますが、空間光学手ブレ補正などはもちろん搭載しています。

専用開発の「Exmor R CMOSセンサー」や「ZEISSバリオゾナーT」レンズにより、フルHDモデル以上に高画質な動画を撮影することができます。

画質にこだわる方におすすめのビデオカメラで、センサーサイズも「1/2.5型」と大きく「フルHD画質」でも他の機種より解像感の高い動画を撮影することが可能です。

GoPro HERO7 Black

画質 4K
光学ズーム ズーム不可
手ブレ補正 HyperSmooth機能
センサーサイズ 1/2.3型(推定)
撮影時間 約1時間30分
記録メディア microSDカード

アクションカメラで有名なGoProの最新機種で最上位モデルです。

前モデルの『HERO6』から大きく進化しておりさらに魅力的なカメラとなりました。

HERO 7の新機能
  • 「HyperSmooth」を新搭載し、驚異的な手ブレ補正を実現
  • 「スーパーフォト機能」を搭載し美しいHDR撮影が可能
  • Facebookへのライブストリーミングが可能に
  • セルフタイマー機能の新搭載

特に手ブレ補正が大幅に進化しており、どんなに激しく手ブレする状況下でもスタビライザーを使ったような滑らかな動画を撮影することができます。


こちらが以前の手ブレ補正と比較した動画ですが、その性能の凄さがわかるかと思います。

また「スーパーフォト機能」が新たに加わり高画質な写真撮影も可能になりました。

GoProに搭載されているレンズはズーム機能はありませんが、超広角レンズを搭載しているのでスマホにもデジカメにもない画角の動画・写真を撮ることができます。

10m防水機能もあるのでプールなどで水中を撮影することも可能です。

iPhone XS

ここでおすすめしたいのがiPhoneです。最新のiPhoneは動画機能もかなり優れており、そのレベルはビデオカメラに匹敵するほどです。

また、コンパクトながら4K動画を撮影することができ、スマホなのでカメラ以外の用途もあり、荷物になることはありません。

手ブレ補正に関しても光学式の手ブレ補正を採用しており手ブレにも強く、さらに撮影後に見返すとiPhone側で上手く手ブレ処理を行ってくれています。

驚くべきなのが音質もかなり高音質で音質ならビデオカメラ以上に低音と高音を割れることなく録音できます。


ビデオだけでなく写真もかなり優れています
参考 一眼レフカメラに勝てる!?iPhone XS/XS Maxカメラ性能比較IMAGINATION

アクションカム・ビデオカメラどっちが良い?

アクションカメラとビデオカメラどちらにするか迷う方もいると思います。価格も5万円程とほとんど同じ価格帯なので価格的には両方視野に入ると思います。

しかし選び方は意外と単純でどちらもそのカメラでしか撮れないシーンがあります。

体験しながら撮るならアクションカメラ

体験に重きをおいた場合は絶対にアクションカメラがおすすめです。

ビデオカメラは撮っている人は体験することはできません。また、撮られる側も撮られていることを意識してしまいます。

アクションカメラは体験をメインに勝手に動画が撮れているという撮り方なので、ビデオカメラより自然な表情を撮影することができます。

防水なので親子でプールを楽しみながらその様子を撮ることもできます。

またアクションカメラならではの広角レンズは自撮りにもおすすめです。最近はスマホで写真を撮ることが多いと思いますが、コンパクトなアクションカメラならそこまで荷物にはなりません。

スマホとは違う広角的な写真を撮ることができるのでスマホとの違いを明確に出すことも可能です!

遠くを撮るならビデオカメラ

運動会や発表会など遠くの場所から撮影する場合はビデオカメラ一択です。

アクションカメラはズームすることができません

少し離れた場所から子供の表情をアップで写したりするにはズーム機能が必要です。ビデオカメラは光学ズームが可能なので画質を劣化させることなく被写体をアップした映像の撮影が可能です。

ズームすることが多い方にはビデオカメラがおすすめです!

ディズニーにおすすめビデオカメラまとめ

ディズニーにおすすめのビデオカメラをまとめました。

紹介したビデオカメラはディズニーだけでなく、普段使いにも最適です。ビデオカメラの購入を迷っている方の参考になれば幸いです。

スマホのビデオカメラも優秀ですが、ズーム機能が必要ならビデオカメラ、体験を重視するならアクションカメラと、それぞれ得意なシーンがあるのでどれを買っても満足できます。

ぜひ自分にあうカメラを選んで素敵な思い出を撮影してください。

以上。最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめの写真用カメラはこちら
2018年最新版!ディズニー好きにおすすめの一眼レフカメラまとめ ディズニーにおすすめの一眼レフカメラと選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です