おすすめのカメラ関連商品紹介!

初心者でも簡単!一眼レフカメラで撮ったディズニー写真

こんにちは!この記事にお越しいただきありがとうございます。

今日は大好きなディズニーリゾートで撮影した写真を使って、「一眼レフカメラなら誰でも簡単にこんな写真が撮れるよー」っていうのを紹介します。

一眼レフカメラを買おうかと迷っている方はぜひ参考にしてください!

きっと一眼レフカメラの魅力がわかると思います。

 

一眼レフのすごいところ

「スマホのカメラと比べて何がすごいの?」と思うかもしれませんが、一眼レフカメラを使って「ここがすごい」と感じた事が何個かあるので紹介します。

一眼レフのすごいところ
  • オートフォーカスが早い
  • レンズ交換ができる
  • 暗いところの撮影(夜景)に強い

「一眼レフカメラとスマホとの違いは?」と聞かれると私は真っ先にこの3つを答えます。特にレンズ交換ができることが大きなポイントでスマホでは撮れない被写体を拡大した写真(望遠レンズ)や画面一杯に広がる広い画角(広角レンズ)の写真を撮ることができます。

またセンサーサイズの大きい一眼レフカメラは夜景にも強く暗い場所の写真もノイズがない綺麗な写真を撮ることができます。

その他にも自分で設定を触ることで自分が思い描いた写真にできるなど、一つの作品を作り上げていくことができます。

スマホカメラとの違いを詳しく知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

スマホより一眼レフ・ミラーレスカメラが高画質な理由

 

昼間のパークを撮ってみた!

写真は天気が大事ですが綺麗なパークに晴れは最高の組み合わせで、一眼レフカメラはオートでも綺麗な写真を撮ることができます。

ディズニーシーのシンボル『プロメテウス火山』はついつい写真が撮りたくなる風景です。私は青空にプロメテウス火山が大好きでパークに訪れると必ず写真を撮ります。

こちらは現在はありませんが、ディズニーシー15周年イベント時のオブジェです。『ウィッシュ号』といい大好きな15周年を思い出させてくれる大切な写真です。

このようにせっかくの思い出の写真を綺麗に残してくれるのが一眼レフカメラの魅力でもあります。

ディズニーランドのシンボル『シンデレラ城』も一眼レフカメラなら綺麗に撮影できます。一眼レフカメラは綺麗な写真が撮れるだけでなく、シャッターを押す喜びもあるので写真を撮るのが楽しいです。

私が結構気に入っているのはアトラクションの名前を書いた看板です。それぞれのアトラクションにストーリーがあるのですが、それに合うデザインの看板になっているのです!

ディズニークオリティーを感じることができるので、写真撮影にもおすすめです。

ショーの写真を撮ってみた!

ディズニーでの楽しみと言えばミッキーのカッコイイ姿やダンスが見れるショーです!

ショーの撮影は一眼レフカメラとスマホカメラとの違いが大きくあらわれる撮影で、一眼レフカメラが得意とする『オートフォーカス』の速さや、望遠レンズを使って遠くの写真を綺麗に写す一眼レフカメラならではの写真を撮ることができます。

引きで撮っても一眼レフカメラなら隅々まで高画質で撮影することができます。

望遠レンズを使えばかなり遠くの海上船もこんなにアップに撮影することができます。望遠レンズは光学ズームが可能なので画質を劣化させることなく遠くの被写体を写すことができます。

夜のショーも一眼レフカメラならくっきり鮮やかな写真になります。これをiPhoneなどのスマホで撮るとザラザラとしたノイズだらけの写真になってしまいます。

動き回るキャラクターを狙って撮るにはオートフォーカスの速さが大事です。オートフォーカスが速い一眼レフカメラはショーに最適なカメラでカッコイイ姿を写真に収めることができます。

夜のパークを撮ってみた!

ディズニーのパークは昼も素晴らしいですが、夜になるとさらに夢の国へと景色が変わります。幻想的なパークの夜景は必ず写真を撮りたくなりますが、カメラは暗い場所の撮影が苦手です。

特にディズニーの夜景は美しいですが暗いところも多く写真を撮る難易度は高めです。

しかし、写真撮影に特化している一眼レフカメラなら綺麗な写真を撮ることができます!

一眼レフカメラは高感度に強く夜景写真もノイズの少ないすっきりとした写真を撮ることができます。

アトラクションの案内板も夜になれば幻想的な風景へと姿を変えます。

人気アトラクションも夜になると魔法がかかったような風景になり、本当に写真を撮りたくなります。一眼レフカメラなら簡単に綺麗な写真を撮ることができるようになるので写真を撮るのがどんどん楽しくなります。

『スプラッシュマウンテン』の案内板も雰囲気が出て本当にお気に入りの写真です。被写体が素晴らしいので構図を考えるのが苦手でもそれらしい写真になります。まさにディズニーマジックです。

これは少しテクニックを使っていて、近くのゴミ箱を三脚代わりにして長時間露光撮影をしました。長時間露光をすることで明るい写真が撮れるだけでなく、水を幻想的に写すことができます。

ただシャッタースピードを長くするだけの簡単操作でも少し違った写真を撮ることができます。

一眼レフカメラに慣れてくるとどんどん変わった写真を撮ることができるようになるので、撮影の楽しみもさらに増えます。

月とシンデラ城もかなり良い組み合わせです。この日はたまたま月が綺麗でした。自然の景色との組み合わせもよく合います。

季節イベント限定の装飾も写真の撮りごたえがあります。この写真はクリスマスなのですが、ディズニーとクリスマスはかなり綺麗な風景が広がっています。

閉園して帰る道にも写真を撮りたくなる風景があるのがディズニーの素晴らしさです。帰り道もしっかり楽しませてくれます。一眼レフカメラを買ったら絶対にディズニーに行きたくなると思います。

まとめ

時間帯・季節によって様々な写真を撮ることができるパークは本当に一眼レフカメラで撮り歩きたくなるモノばかりです。

普段とは違う写真を撮ることができたり、自分が好きな風景を高画質に撮ることができたりと、一眼レフカメラは最も綺麗に写真を撮れるカメラです。

一眼レフカメラの購入を迷っている方は是非購入することをお勧めします!価格差は大きいですが初心者用の一眼レフカメラでもかなり綺麗な写真が取れますし、このブログで紹介している写真も入門用で撮影している写真も多くあります。

一眼レフカメラを購入して楽しいカメラライフを送りましょう!

【カメラ】ミラーレスと一眼レフの違いを徹底解説 ディズニーにおすすめの一眼レフカメラと選び方 シーン別!ディズニーで綺麗な写真を撮るためのポイントまとめ

コメントを残す