初めての方必見!東京ディズニーランドで怖いアトラクションベスト5

こんにちは!この記事にお越しいただきありがとうございます。

初めて東京ディズニーランド訪れるのならやはり気になるのがアトラクションについてだと思います。

絶叫系が苦手な方はどれくらい怖いのかなど気になることがたくさんありますよね。

この記事では筆者が選ぶ東京ディズニーランド(TDL)で怖いアトラクションベスト5を紹介します。どの程度怖いのかなどの参考にもなると思いますので、ぜひご覧ください。

第5位 ホーンテッドマンション

アトラクションの評価
スピード
(1.0)
落下角度
(2.0)
混雑度
(3.0)
楽しさ
(3.0)
総合評価
(3.0)

 

親子で一緒に乗れるアトラクションです。絶叫が苦手な方でも安心して乗ることができ、絶叫の怖さではなくどちらかというと、ホラー系の怖さです。

ゴシック風洋館には999人の幽霊が住んでいて、1000人目の仲間を待っています。

丸いライドに乗ってゆっくりと進むのですが、部屋は薄暗くその時点で怖いです。椅子のところにスピーカーがありそこから音声が聞こえます。ライドに乗って館を見てまわる感じで、何かが飛び出してくるというのは無いので安心して下さい。ただ、暗闇で聞える声や不気味な雰囲気に怖さを感じます。

ちなみにハロウィンからクリスマスの時期にかけてスペシャルバージョンに変わります。映画「ティム・バートンのナイトメアー・ビフォア・クリスマス」をテーマに装飾され、普段出てこないナイトメアーの仲間たちが登場します。不気味感はありますが、違いを楽しんで見て下さいね。

MEMO
  • 所要時間 約15分
  • 定員 3名
  • 待ち時間の目安 20~30分
  • ファストパス(FP) 有り
利用制限
  • 身長制限無し

第4位 カリブの海賊

アトラクションの評価
スピード
(3.0)
落下角度
(3.5)
混雑度
(3.0)
楽しさ
(3.5)
総合評価
(3.5)

 

親子で一緒に乗れるアトラクションです。絶叫が苦手な方でも乗りやすアトラクションです。

スピード感の怖さは始めに1度あるだけで、落下の際の少しのふわっと感がありますが、安全バーやシートベルトがないので安全上問題ない速さということです。苦手な方は前に手すりがありますので、しっかりつかまっていて下さいね。落下の際の怖さより、中の暗さや海賊の声や音に怖さを感じます。

カリブの海賊といえは「パイレーツ・オブ・カリビアン」ですよね。船着場からボートに乗って出発です。ちなみにディズニーランドの開園当初からあり、2007年7月にリニューアルしました。有名な「ジャック・スパロウ」や「バルボッサ」も登場します。顔や手の動きまで細かく作られており、人形とは思えません‼︎

待ち時間も短めで、アトラクションも室内なので天候を気にせず楽しむことができます。

MEMO
  • 所要時間 約15分
  • 定員 20名
  • 待ち時間の目安 10~20分
  • ファストパス(FP) 無し
利用制限
  • 身長制限無し

第3位 ビッグサンダー・マウンテン

アトラクションの評価
スピード
(3.5)
落下角度
(4.0)
混雑度
(5.0)
楽しさ
(4.0)
総合評価
(4.0)

 

ディズニーランドの三大マウンテンの「ビックサンダー・マウンテン」です。鉱山列車が無人と化した廃坑を大暴走します。

最高速度45km /hと他の絶叫系のアトラクションと比べるとあまり速くありません。一気に落ちるという感じはあまりありませんが、右に左に曲がり身体が斜めになり、暗い山の中を走ります。山の中では暗く、進行方向がわからないので怖さを感じます。

ちなみにビックサンダー・マウンテンは左回りが多いので、進行方向に向かって右側に座ったほうがスリルを感じられます。少しの差ですが、スリルを味わいたい方は、右側に座って下さいね。

MEMO
  • 所要時間 約4分
  • 定員 30名
  • 待ち時間の目安 60〜80分
  • ファストパス(FP) 有り
利用制限
  • 身長102cm以上
  • 妊娠中
  • 高齢の方

第2位 スペース・マウンテン

アトラクションの評価
スピード
(4.0)
落下角度
(3.0)
混雑度
(3.0)
楽しさ
(4.0)
総合評価
(4.0)

 

ディズニーランドの三大マウンテンの「スペース・マウンテン」です。巨大なドーム型の宇宙空間をライドに乗って進みます。

このコースターは「一回転」や「急上昇・急降下」するアトラクションではありません。ですが最高速度は50km /hとディズニーランドでは2番目の速さです。室内でぼぼ真っ暗な中、急旋回し進み、進行方向もわからないので落下型のアトラクションより怖さを覚えます。見えない中進むので、速さも余計速く感じます。そしてアトラクションに並んでいる間に、何箇所も「途中退出口」があり、そんなに怖いアトラクションなのか‼︎と怖さ倍増です。

MEMO
  • 所要時間 約3分
  • 定員 12名
  • 待ち時間の目安 50〜80分
  • ファストパス(FP) 有り
利用制限
  • 身長102cm以上
  • 妊娠中
  • 高齢の方

第1位 スプラッシュ・マウンテン

アトラクションの評価
スピード
(4.5)
落下角度
(5.0)
混雑度
(5.0)
楽しさ
(4.5)
総合評価
(4.5)

 

ディズニーランドの三大マウンテンの1つで、唯一水がかかる大人気アトラクションです。

乗る前に外から見る際、速さや角度、キャーという叫び声も怖さを感じますよね。

丸太のボートに乗って「笑いの国を目指す」うさぎどんのお話で、急上昇は特になくゆっくりと上がりますが、急下降が3回もあります‼︎特に怖いのは3回目に落ちる時で、16mの滝を最大傾斜45度でディズニーランド1番の最高速度62km /hです。

その際、結構な水がかかります。濡れたくない方はポンチョを着るか、落下の際に頭を下げて下さい。

ちなみに落ちるときに右側にカメラがあり、写真を撮られるので素敵な顔で写って下さいね‼︎

ほかの場面はゆっくりと進み、のんびりと物語を楽しめます。上から見えるパークの景色が最高です。

MEMO
  • 所要時間 約10分
  • 定員 8名
  • 待ち時間の目安 60〜90分
  • ファストパス(FP) 有り
利用制限
  • 身長90cm以上
  • 妊娠中
  • 高齢の方

まとめ

今回は「東京ディズニーランドで怖いアトラクションベスト5」を紹介しました。

怖さの感じ方も様々なので、自分に合ったアトラクションを探して見て下さいね‼︎

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す