2018最新版!初心者カメラ女子におすすめの人気の一眼レフ・ミラーレスカメラ

こんにちは!

この記事にお越し頂きありがとうございます。自称爽やかカメラマンです。

今日はカメラ男子目線でみる女子におすすめのカメラを紹介します。

写真を撮るのが大好きで「そろそろ本格的なカメラが欲しい」と思い始めた方におすすめのカメラと選び方を紹介しますので、興味のある方はぜひご覧になってください。

ミラーレスカメラと一眼レフカメラの違い

やはりカメラを選ぶ時に気になるのが『ミラーレスカメラ』と『一眼レフカメラ』どちらを選べば良いのかとということと、何が違うの?ということだと思います。

実はこの二つのカメラの違いは鏡があるかどうかの違いで思っている以上に大きくは変わらないのです。

名前からもわかる通りミラーレスを日本語にすると『鏡がない』という意味になりますよね。

この鏡は何の役割をしているファインダーから覗くとレンズの向こうの景色を見ることができるのはこの鏡のおかげです。これを光学ファインダーと言います。

そして光学ファインダーが搭載されているのが『一眼レフカメラ』で、カメラ本体の中に鏡がないカメラを『ミラーレスカメラ』と言います。

ただし、ミラーレスカメラにもファインダーが付いているモデルもあります!これは電子ファインダーと言って、ファインダーの中に小型モニターがあり、このモニターに外の映像が映し出されています。

一眼レフカメラ特徴

一眼レフカメラはより本格的にカメラを始めたいという人におすすめです。

ただ高画質に撮るのではなく、自分で設定を調整して光の加減を変えたり、背景のボゲ具合を変えたりして、1枚の作品のような写真に仕上げることができます。

一眼レフカメラ特徴
  • 光学ファインダー
  • サイズが大きく重たい
  • 本格的なモデルが多い
  • オートフォーカスに強い
  • キャリアが長い

ミラーレス一眼カメラ特徴

ミラーレスの魅力はとにかくコンパクトで軽いところです。

よく勘違いされることがありますが一眼レフカメラもミラーレスカメラも同じグレードのカメラなら画質の差はありません。

そして、少し前まではミラーレスカメラの方がオートフォーカス性能などが劣っていましたが、今は技術が進歩して一眼レフカメラもミラーレスカメラも性能的はほとんど差がありません。

プロ向けの優秀なミラーレスカメラも登場しており、今後は一眼レフカメラよりもプロカメラの主流になると言われています。ただし操作性に関してはボディサイズの大きい一眼レフカメラの方が優れています。

ということで、ミラーレスカメラはこだわった撮影はせずに高画質の写真を撮りたいという方におすすめです!

ミラーレス一眼カメラ特徴
  • 電子ファインダー
  • サイズが小さくて軽い
  • 本格的なモデルが多い
  • 気軽に楽しめるモデルも多い
  • 一眼レフに比べキャリアは短い

最近は一眼レフカメラのサブ機としてミラーレスカメラを使っている人をよく見かけます。※あくまで筆者の周りの話です

これだけは知ってほしい選び方

おすすめのカメラを紹介する前にカメラ選びで絶対に知っていてほしいことがありますので紹介します。

メーカーに関すること

カメラ選びにメーカーはとても重要です。

というのも、メーカーごとに性能が大きく変わる訳ではなく、どのメーカーも素晴らしいのですが、一眼レフカメラやミラーレスカメラを買うと必ずレンズ交換もするようになるのですが、レンズは同じメーカーのモノしか使えません。

またストロボなどの周辺機器も一般的に同じメーカーのモノしか使用することができませんので、今後カメラを買い替えるときに違うメーカーを選んでしまうと、周辺機器も全て買い替える必要があります。

メーカーは一生同じメーカー使うという気持ちで慎重に選びましょう。

注意点

レンズは同じメーカでも使えないモノがあります。

レンズの規格はマウントと呼ばれており、対応しているマウントでないと使えないのです。

マウントを簡単に言うとレンズのシリーズのようなモノで、マイナーなマウントだとレンズの種類が少なくて欲しいレンズを買えない恐れがあります。

また人気のないマウントだと開発が打ち切られて今後新しいカメラやレンズが開発されない恐れもあります。

人気のメーカーを選ぶのが無難

カメラを作っているメーカーはたくさんありますが、最近人気があるのが『キヤノン』『ソニー』『ニコン』です。

人気メーカーだとレンズや周辺機器、カメラの種類が多く自分にあった価格・性能のモノを選ぶことができます。また、『キヤノン』や『ニコン』はシグマやタムロンなど純正以外のレンズも対応している為良いレンズが純正より安く買えるメリットがあります。

一眼レフカメラはレンズ交換が醍醐味と言えるので、レンズの選択肢が多いメーカーのカメラは後々使い勝手が良いです。

各メーカーで操作方法も若干違うので人気メーカーのカメラを選ぶと困ったときに助けてくれる人も多いです。

人気メーカーのメリット
  • レンズの種類が多く選択肢が広がる
  • 中古レンズの種類も多い
  • 経営が安定しているので撤退で周辺機器が使えなくなる心配が少ない
  • 困った時に助けてくれる人が多い
  • カメラ買い替え時にレンズ資産が無駄にならない
  • 今後のステップアップがスムーズ
などなど人気メーカーを選ぶことでのメリットは多いです。

レンズに関すること

先ほども少しお話しましたがレンズは対応しているカメラ以外で使うことができません。

そしてレンズはモデルチェンジ周期が長く何十年も使えるモノなのでレンズ資産と言われます。

レンズは安いモノではないので、せっかく買ったレンズはカメラを買い替えてもずっと使いたいモノなので、人気があり種類も多く、開発寿命が長いマウントのカメラを選びましょう!

もちろん今後機種のステップアップも買い替えも考えていない方はどのカメラを選んでも問題ないです。

センサーサイズについて

センサーはカメラの心臓部分で、光(景色)を電気信号に変換する部品です。

一眼カメラには主にフルサイズセンサーとAPS-Cセンサーが使用されています。一般的に入門用のカメラはAPS-Cサイズのセンサーで、プロ向けのカメラだとフルサイズのセンサーが搭載されています。

センサーサイズが大きいとこんなメリットがあります。

大きいセンサーのメリット
  • 光を多く集めることができ高画質な写真が撮れる

多くの光を集めることができ、細部の色までくっきりした写真が撮れます。

  • 光を多く集めることができ夜景も綺麗に撮れる

夜の弱い光でも、多くの光を集めることができ、ノイズの少ない写真を撮ることができます。

ただフルサイズカメラ はカメラ本体の価格も高く、フルサイズカメラ 用のレンズもかなり高いです。その分いい写真が撮れるのですが、レンズと合わせると25万円以上しますので無理して買う必要はないと思います。

APS-Cセンサーのカメラでも一眼レフカメラらしい良い写真は撮れるので、予算がない方はAPS-Cセンサーの一眼レフカメラで十分です。

カメラの価格について

カメラは大きく分けると3つの価格帯に分類することができます。基本的にカメラは価格が高いほど性能がよくなるので、自分の用途に合わせた価格帯のカメラを選ぶことが大切です。


ハイエンドモデル

  • 価格帯 本体のみで30万円以上
  • センサーサイズ フルサイズ
  • レンズ 1本10万円以上

プロ向けのカメラでレンズと本体を合わせる40万円近くもするカメラです。主なメーカーは『Canon』『Nikon』『SONY』でEOS 5Dシリーズや、D850など有名るカメラはこのグレードに位置します。


ミドルエンドモデル

  • 価格帯 本体のみで10万円〜20万円
  • センサーサイズ APS-C
  • レンズ 初心者用からプロ用まで使う幅が広い

このクラスのカメラはCanonだと『EOS 80D』などがあります。Nikonだと『D7500』が該当します。

初心者用カメラからのステップアップにも最適で、最初から良いカメラが欲しいと思っている方は、初めからこの価格帯のカメラを購入することも多いです。

そういう点でも一番長く楽しく使えるカメラだと思います。レンズも初心者用を使う方からプロ用レンズを使う方など幅広い使い方をされています。


エントリーモデル

  • 価格帯 レンズキットで10万円以下
  • センサーサイズ APS-C
  • レンズ 初心者用(EF-Sなど)

初めての一眼カメラのおすすめの価格帯です。本体のみで買う人はほとんどいなく、レンズがセットされていレンズキットで販売されていることが多いです。

カメラの性能は十分なのですがどうしても上を見てしまい、カメラにハマった方はすぐに上のグレートへステップアップしてしまいます。ステップアップ後はほぼ使うことがなくなるので、長い目で見ると中途半端なカメラになる可能性があります。

また初心者向けモデルはモデルチェンジが早いですが、カメラの進歩は緩やかなので、型落ちカメラを安く買うというのも有効です。

 

カメラ選び注意点まとめ

注意点
  • メーカーは基本的に変えれない
  • 人気のマウントを選ぶようにする
  • 今後の買い替えを考えてないならどれを買ってもOK

以上です。カメラを始めてハマってしまうと必ず上位機種が欲しくなります。

その時に今使っているカメラが無駄にならないようにメーカーとレンズマウント選びは慎重に行いましょう。今回おすすめするカメラは今後も考えた選び方をしていますので参考にしてください。

おすすめ一眼レフカメラ

キヤノン EOS Kiss X7


このカメラの評価
コスパ
(5.0)
コンパクト
(4.5)
オシャレ
(3.0)
ガチ度
(2.5)
カメラ性能
(3.0)
総合評価
(4.0)

世界最小・最軽量の一眼レフカメラ

本当に一眼レフカメラと思ってしまう程の軽さとコンパクトさで人気となった一眼レフカメラです。ボディは約370gでミラーレスカメラとほぼ同じです。サイズもコンパクトですが、基本性能は十分でプロのサブカメラとして使用されることもあります。

操作も簡単で何よりコンパクトなので、初めての一眼レフカメラに最適な1台です。

スペック
  • 有効画素数 1800万画素
  • 連続撮影速度 約4コマ/秒
  • センサーサイズ APS-C
  • 対応マウント EF-Sレンズ・EFレンズ
  • バリアングル液晶 無
  • Wi-Fi機能 無
  • 価格 52,165円(掲載当時)
  • ダブルズームキット有

 

キヤノン EOS 9000D

このカメラの評価
コスパ
(4.0)
コンパクト
(3.0)
オシャレ
(3.0)
ガチ度
(4.0)
カメラ性能
(4.0)
総合評価
(4.0)

長く使える本格一眼レフカメラ

けっこうガチなカメラを使うカメラ女子も素敵です。どうせ一眼レフカメラを買うならそこそこのカメラが欲しいと言う方におすすめの1台でサブモニターも搭載している中級機顔負けのカメラです。

一眼レフカメラにのめり込んでしまうと割と短期間で上位機種を買ってしまう人が多いのですが、このカメラなら本格機能が十分搭載されているので、買い替えることがなく長く使えます。

これよりもいいカメラとなるとレンズ込みで30万円級のカメラを買うことになります。

スペック
  • 有効画素数 2420万画素
  • 連続撮影速度 約6コマ/秒
  • センサーサイズ APS-C
  • 対応マウント EF-Sレンズ・EFレンズ
  • バリアングル液晶 有
  • Wi-Fi 有
  • 価格 121,761円(掲載当時)
  • ダブルズームキット有

 

キヤノン EOS Kiss X9

このカメラの評価
コスパ
(4.5)
携帯性
(3.0)
デザイン
(3.0)
動画撮影
(3.0)
動体撮影
(3.0)
総合評価
(4.0)

人気の小型ボディ・バリアングル液晶搭載一眼レフカメラ

キヤノンの人気初心者向け一眼レフカメラの最新機種です。

小型ボディで大人気となった『EOS Kiss X7』の後継機種で新たにバリアングル液晶の搭載とWi-Fiの搭載、画素数のアップなど正統進化をしています。

これからカメラを始める方に最適な一眼レフカメラです!

スペック
  • 有効画素数 2420万画素
  • 連続撮影速度 約5コマ/秒
  • センサーサイズ APS-C
  • 対応マウント EF-Sレンズ・EFレンズ
  • バリアングル液晶 有
  • Wi-Fi 有
  • 価格 69,228円(掲載当時)
  • ダブルズームキット有

 

ニコン D5600

このカメラの評価
コスパ
(4.5)
コンパクト
(3.0)
オシャレ
(3.0)
ガチ度
(3.5)
カメラ性能
(4.0)
総合評価
(4.0)

ニコンの初心者向け人気カメラ

一眼レフカメラの中では比較的コンパクトなカメラですが、機能は中級機に迫るスペックを有しているコンパクトさと機能を両立しているカメラです。

無難に一眼レフカメラを始めたい方におすすめで、ニコンを選びたいと思っている方には最適な1台です。

スペック
  • 有効画素数 2416万画素
  • 連続撮影速度 約5コマ/秒
  • センサーサイズ APS-C
  • 対応マウント ニコンFマウント
  • バリアングル液晶 有
  • Wi-Fi 有
  • 価格 99,800円(掲載当時)
  • ダブルズームキット有

 

キヤノン EOS80D

このカメラの評価
コスパ
(4.0)
携帯性
(2.5)
デザイン
(4.0)
動画撮影
(4.5)
動体撮影
(4.0)
総合評価
(4.5)

キヤノンの中級カメラの代表!

キヤノンの中級カメラの位置するカメラで、初心者でも最初からこのカメラを買う人が多い人気のカメラです。このクラスになるとスペックもかなり高くなり、プロ用レンズと組み合わせて使う人も多いです。

また、このカメラの特徴はキヤノンの一眼レフカメラな中でも動画撮影に特化しており、多くのYouTuberも愛用しています。写真も動画もガッツリ撮りたいという方にオススメです。

重たいカメラが不安なカメラ女子の方もこのカメラなら少し重たい程度で十分使いこなせます。結構ガッツリしたカメラなのでカッコイイカメラ女子に慣れること間違いなしです。

スペック
  • 有効画素数 2416万画素
  • 連続撮影速度 約7コマ/秒
  • センサーサイズ APS-C
  • 対応マウント EF-Sレンズ・EFレンズ
  • バリアングル液晶 有
  • Wi-Fi 有
  • 価格 137,970円(掲載当時)
  • ダブルズームキット有

 

ニコン D7500

このカメラの評価
コスパ
(3.5)
携帯性
(2.5)
デザイン
(4.0)
動画撮影
(3.0)
動体撮影
(4.5)
総合評価
(4.0)

ニコンの中級カメラの代表!

ニコンの中級カメラの位置するカメラで、初めて一眼レフカメラを買う人にも人気のカメラです。上級カメラ並みのスペックで本格的に一眼レフカメラをはじめたい方に最適です。

また、このカメラの特徴は高画素と高速撮影を兼ね備えており、動きモノの撮影にも強いカメラとなっています。

こちらも先ほどの『EOS 80D』のニコン板のようなカメラで、重たいカメラが不安なカメラ女子の方も少し重たい程度で十分使いこなせます。こちらも結構ガッツリしたカメラなのでカッコイイカメラ女子に慣れること間違いなしです。

スペック
  • 有効画素数 2088万画素
  • 連続撮影速度 約8コマ/秒
  • センサーサイズ APS-C
  • 対応マウント ニコンFマウント
  • バリアングル液晶 チルト式
  • Wi-Fi 有
  • 価格 156,490円(掲載当時)

 

おすすめミラーレスカメラ

ソニー α5100

このカメラの評価
コスパ
(4.0)
コンパクト
(5.0)
オシャレ
(4.0)
ガチ度
(3.0)
カメラ性能
(4.0)
総合評価
(4.0)

コンパクトミラーレスカメラ

簡単に色鮮やかな高画質写真を撮ることができるカメラで、とりあえず高画質な画像を撮りたいと言う方におすすめです。

ミラーレスカメラの中でもSONYのカメラは特に性能がよく最近勢いのある『Eマウントレンズ』を使えるのも魅力的で、センサーが良く画質がキレイで、オートフォーカスも超高速です。そして重さは約283gと超コンパクト!

この大きさでこれだけの高性能カメラはソニーにしか作れません!

スペック
  • 有効画素数 2430万画素
  • 連続撮影速度 約6コマ/秒
  • センサーサイズ APS-C
  • 対応マウント ソニーEマウント
  • 液晶 チルト式液晶
  • Wi-Fi 有
  • 価格 58,200円(掲載当時)

 

ソニー α7

このカメラの評価
コスパ
(4.0)
コンパクト
(4.0)
オシャレ
(3.0)
ガチ度
(3.0)
カメラ性能
(4.0)
総合評価
(4.0)

フルサイズセンサー搭載カメラ

ミラーレスカメラで初めてフルサイズセンサーを搭載した革命的カメラです。このカメラの登場でミラーレスカメラが一気に本格カメラへと進化しました。

ソニーのEマウントレンズはどんどんと高性能レンズが登場しています。そして今後はミラーレスカメラがプロカメラの主流となると思われるので、今後を考えると賢い選択になるような気がします。

いきなりフルサイズカメラはどうなの?と言われるかもしれませんが、絶対に満足のいくカメラになります。

ただし発売から3年程経過しているのと少しマニアックなカメラなので初心者には不向きです。

スペック
  • 有効画素数 2430万画素
  • 連続撮影速度 約5コマ/秒
  • センサーサイズ フルサイズ
  • 対応マウント ソニーEマウント
  • 液晶 チルト式液晶
  • Wi-Fi 有
  • 価格 112,980円(掲載当時)

 

まとめ

「あれ?可愛いカメラがない」と思った方申し訳ありません。

可愛いオシャレなカメラも良いのですが、やはり今後しかっり写真を撮ることを重点に置いて選びました。良い感じの写真が撮りたいならSNOWなどの写真アプリが使えるスマホの方が優秀ですし、本当にスマホのカメラは凄いです。

スノー SNOW - おもしろカメラ & ビデオ通話

スノー SNOW – おもしろカメラ & ビデオ通話
開発元:SNOW INC.
無料
posted with アプリーチ
参考

一眼レフに匹敵!iPhone Xの凄いカメラ性能を柔らかく解説!IMAGINATION

せっかくの一眼らしい写真を撮るためには、少し本格的なカメラの方がおすすめです。

知り合いのカメラの女子も可愛い感じのミラーレスカメラを買ってすぐに20万円程のガチ一眼レフカメラを買っていました。

男子目線からするとガッツリカメラで写真を撮っているカメラ女子もカッコよくて素敵です!

以上。最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す