ディズニーにおすすめの一眼レフカメラと選び方

こんにちは!

この記事にお越し頂きありがとうございます。

私はカメラも大好きですが、それと同じくらいディズニーが大好きです。愛用のカメラはレンズと合わせて40万円ぐらいするのですが、ディズニーリゾートで綺麗な写真を撮るために買ったと言っても過言ではありません。

今日はそんな私がディズニーにおすすめの一眼レフカメラミラーレスカメラを紹介します。

ディズニーで綺麗な写真を撮りたい方はぜひ参考にしてください。

ディズニーカメラ選びのポイントは?

ディズニーに適したカメラはどんなカメラか気になりますよね。

ディズニーでの写真といっても、パークの風景や、パレードグリーティングなどそれぞれの撮影シーンで必要な機能が変わりますが、注目すべきポイントがあります。

カメラ選びの参考にもなるのでぜひご覧ください。

オートフォーカス(AF)

ディズニーでの撮影でオートフォーカスの早さは重要です。

特にパレードでは激しく動き回る被写体にしっかりとピントを合わせる必要があるので、オートフォーカスが優れたカメラがおすすめです。

ISO感度

ディズニーの風景を撮るときや、夜のパレードを撮るときに重要な性能に高感度撮影の強さがあります。

MEMO

ISO感度って何?

カメラは光をセンサーに取り込んで画像を作成しています。この時に最低限必要な光の量が決まっているのですが、暗い場所で撮影をすると取り込める光の量が少ないので、光が足りません。

そこで登場するのがISO感度です。

ISO感度は取り込んだ光を増幅させて必要な光を確保します。しかし元々の光を無理やり増幅させるのでISO感度が上がれば上がる程ノイズが発生して画質が悪くなります。

この機能が優れていると夜景など暗い場所の撮影でも、ノイズの少ない綺麗な写真を撮ることができます。それ以外にも、ディズニーのグリーティング施設は暗い部屋もあるので、高感度が必要になります。

また、動く被写体をキリッと撮る時シャッタースピードが速くなるので、その分光が入ってくる量が少なくなります。この時も光の量を確保できる高感度に強いカメラだと綺麗な写真が取れます。

焦点距離

「焦点距離?」となった方申し訳ありません。簡単に言えばズームできる距離のことです。

焦点距離は、一眼レフカメラやミラーレスカメラのレンズが、どれだけ遠くまで撮ることができるかを知ることができます。

ディズニーで写真を撮るときは様々な焦点距離のレンズを使い分ける必要があります!

例えば、グリーティングでミッキーの写真を撮る時は、焦点距離の短い広角レンズが必要ですし、パレードなどは遠くを写せる望遠レンズが必要になります。

レンズは高価な物なので、初めから標準レンズと望遠レンズがセットになったダブルズームキットのカメラを選ぶのが無難な選択です。

焦点距離について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください↓↓

このレンズでどこまでの距離が撮れる?カメラの焦点距離と画角との関係性

大きさ

ディズニーはアウトドアです!!

いい写真が撮れるからと言って、重たすぎるカメラはかなりの負担になります。カメラを選ぶときは持ち歩いて歩くことも考えて重量には気をつけましょう。

とは言っても、カメラに魅了されていくとついつい性能が良いカメラに乗り換えてしまいます。

重さはあとで慣れてくるので、性能を優先に重さを考えましょう!

ポイントまとめ
  • AF性能が良いカメラを選ぼう!
  • 高感度に強いカメラを選ぼう!
  • ダブルズームキットがオススメ!
  • 自分が持ち運べる重さのカメラを選ぼう!

メーカーはどこが良い?

人気のメーカーを選ぶのが無難

カメラを作っているメーカーはたくさんありますが、その中でも三大メーカーと呼ばれるのが『キヤノン』『ソニー』『ニコン』です。

人気メーカーだとレンズや周辺機器、カメラの種類が多く自分にあった価格・性能のモノを選ぶことができます。

各メーカーで操作方法も若干違うので人気メーカーのカメラを選ぶと困ったときに助けてくれる人も多いので特にこだわりがないのなら、この3社のカメラを選ぶのをオススメします。

今後高価なカメラへとステップアップする際にも周辺機器が使えたり、操作方法が似ているので役立ちます。

そして各メーカー特徴はありますが、性能はあまり変わりません!

自分が「これだ!」と思ったカメラを選んでも大丈夫です。

メーカーに関する注意点

カメラ選ぶにメーカーはとても重要です。

一眼レフカメラやミラーレスカメラを買うとレンズ交換もするようになると思いますが、レンズは同じメーカーのモノしか使えません。

またストロボなどの周辺機器も一般的に同じメーカーのモノしか使用することができませんので、今後カメラを買い替えるときに違うメーカーを選んでしまうと、周辺機器も全て買い替える必要があります。

メーカーは一生同じメーカー使うという気持ちで慎重に選びましょう。

注意点

レンズは同じメーカでも使えないモノがあります。

レンズの規格はマウントと呼ばれており、対応しているマウントでないと使えないのです。

マウントを簡単に言うとレンズのシリーズのようなモノで、マイナーなマウントだとレンズの種類が少なくて欲しいレンズを買えない恐れがあります。

また人気のないマウントだと開発が打ち切られて今後新しいカメラやレンズが開発されない恐れもあります。

 

ミラーレスと一眼レフどっちが良い?

ミラーレスと一眼レフカメラの違いを簡単に解説します。

詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

【カメラ】ミラーレスと一眼レフの違いを徹底解説

一眼レフカメラとミラーレスカメラの違いは、カメラの中に鏡があるかどうかの違いであとはほとんど変わりません。

この鏡は何の役割をしている方と言うと、ファインダーに使われていてファインダーから覗くとレンズの向こうの景色を見ることができるのはこの鏡のおかげです。これを光学ファインダーと言います。

そして光学ファインダーが搭載されているのが『一眼レフカメラ』で、中に鏡がないカメラを『ミラーレスカメラ』と言います。

ただし、ミラーレスカメラにもファインダーが付いているモデルもあります。これは電子ファインダーと言って、ファインダーの中に小型モニターがあり、このモニターの外の映像が映し出されています。

一眼レフ
  • 光学ファインダー
  • サイズが大きく重たい
  • 本格的なモデルが多い
  • オートフォーカスに強い
  • キャリアが長い
ミラーレス
  • 電子ファインダー
  • サイズが小さくて軽い
  • 気軽に楽しめるモデルも多い
  • 一眼レフに比べキャリアは短い

一眼レフカメラがおすすめな人

一眼レフカメラはより本格的にカメラを始めたいという人におすすめです。

ただ高画質に撮るのではなく、自分で設定を調整して光の加減を変えたりして1枚の作品のような写真を仕上げることができます。

一眼レフがおすすめ
  •  動くものを撮る
  • 写真にこだわりたい
  • 大きくて重くても大丈夫
  • レンズを撮る写真に合わせて交換したい
  • 撮影設定を変えたい
  • 本格的にカメラを始めたい

ミラーレスカメラがおすすめな人

ミラーレスの魅力はとにかくコンパクトで軽いところです。

よく勘違いされることがありますが一眼レフカメラもミラーレスカメラも同じグレードのカメラなら画質の差はありません。

少し前まではミラーレスカメラの方がオートフォーカス性能などが劣っていましたが、今は技術が進歩して一眼レフカメラもミラーレスカメラも性能的もほとんど差はありません。

プロ向けの優秀なミラーレスカメラも登場しており、今後一眼レフカメラよりもプロカメラの主流になると言われています。ただし操作性に関してはボディサイズの大きい一眼レフカメラの方が優れています。

ミラーレスカメラはこだわった撮影はせずに高画質の写真を撮りたいという方におすすめです!

ミラーレスがおすすめ
  • カメラ任せで写真を撮る
  • 持ち運ぶことが多い
  • 気軽にカメラを楽しみたい
  • 自撮りしたい
  • 軽さとコンパクトを重視したい

 

ディズニーにおすすめは一眼レフ

ディズニーには一眼レフカメラがおすすめです!

キャラクターの写真を撮るときはもちろんですが、ディズニーはファインダーを使った撮影を多くします。

ファインダーを使うと手ブレ防止できるだけでなく、オートフォーカスのスピードが上がるのでピンボケが少なくなるなど様々なメリットがあります。

一眼レフカメラなら全てのカメラにファインダーが付いているので、一眼レフカメラの購入がオススメです!

最新のミラーレスカメラで電子ファインダーが付いているカメラなら、ミラーレスカメラでも良いのですが、電子ファンダーが付いているカメラは高価なので初心者にはあまりおすすめできません。

一眼レフカメラの光学式ファインダーならタイムラグもないのでキャラクターの写真を撮るときにも最適です。

おすすめ一眼レフカメラ

キヤノン EOS Kiss X7


このカメラの評価
コスパ
(5.0)
携帯性
(4.5)
AF
(3.0)
高感度
(2.5)
動体撮影
(3.0)
総合評価
(4.0)

世界最小・最軽量の一眼レフカメラ

本当に一眼レフカメラと思ってしまう程の軽さとコンパクトさで人気となった一眼レフカメラです。ボディは約370gでミラーレスカメラとほぼ同じです。サイズもコンパクトですが、基本性能は十分でプロのサブカメラとして使用されることもあります。

操作も簡単で何よりコンパクトなので、初めての一眼レフカメラに最適な1台です。

スペック
  • 有効画素数 1800万画素
  • 連続撮影速度 約4コマ/秒
  • センサーサイズ APS-C
  • 対応マウント EF-Sレンズ・EFレンズ
  • バリアングル液晶 無
  • Wi-Fi機能 無
  • 価格 52,165円(掲載当時)

 

キヤノン EOS 9000D

このカメラの評価
コスパ
(4.0)
携帯性
(3.0)
AF
(4.0)
高感度
(3.0)
動体撮影/value] [value 4 end]総合評価
(4.0)

長く使える本格一眼レフカメラ

どうせ一眼レフカメラを買うならそこそこのカメラが欲しいと言う方におすすめの1台でサブモニターも搭載している中級機顔負けのカメラです。

一眼レフカメラにのめり込んでしまうと割と短期間で上位機種を買ってしまう人が多いのですが、このカメラなら本格機能が十分搭載されているので、買い替えることがなく長く使えます。

スペック
  • 有効画素数 2420万画素
  • 連続撮影速度 約6コマ/秒
  • センサーサイズ APS-C
  • 対応マウント EF-Sレンズ・EFレンズ
  • バリアングル液晶 有
  • Wi-Fi 有
  • 価格 121,761円(掲載当時)

 

ニコン D5600

このカメラの評価
コスパ
(4.5)
携帯性
(3.0)
AF
(3.0)
高感度
(2.5)
動体撮影
(3.0)
総合評価
(4.0)

ニコンの初心者向け人気カメラ

一眼レフカメラの中では比較的コンパクトなカメラですが、機能は中級機に迫るスペックを有しているコンパクトさと機能を両立しているカメラです。

無難に一眼レフカメラを始めたい方におすすめで、ニコンを選びたいと思っている方には最適な1台です。

スペック
  • 有効画素数 2416万画素
  • 連続撮影速度 約5コマ/秒
  • センサーサイズ APS-C
  • 対応マウント ニコンFマウント
  • バリアングル液晶 有
  • Wi-Fi 有
  • 価格 99,800円(掲載当時)

キヤノン EOS80D

このカメラの評価
コスパ
(4.0)
携帯性
(2.5)
AF
(4.0)
高感度
(4.0)
動体撮影
(4.0)
総合評価
(4.5)

キヤノンの中級カメラの代表!

 

キヤノンの中級カメラの位置するカメラで、初心者でも最初からこのカメラを買う人が多い人気のカメラです。このクラスになるとスペックもかなり高くなり、プロ用レンズと組み合わせて使う人も多いです。

また、このカメラの特徴はキヤノンの一眼レフカメラな中でも動画撮影に特化しており、多くのYouTuberも愛用しています。写真も動画もガッツリ撮りたいという方にオススメです。

スペック
  • 有効画素数 2416万画素
  • 連続撮影速度 約7コマ/秒
  • センサーサイズ APS-C
  • 対応マウント EF-Sレンズ・EFレンズ
  • バリアングル液晶 有
  • Wi-Fi 有
  • 価格 137,970円(掲載当時)

ニコン D7500

このカメラの評価
コスパ
(3.5)
携帯性
(2.5)
AF
(4.0)
高感度
(4.0)
動体撮影
(4.5)
総合評価
(4.0)

ニコンの中級カメラの代表!

ニコンの中級カメラの位置するカメラで、初めて一眼レフカメラを買う人にも人気のカメラです。上級カメラ並みのスペックで本格的に一眼レフカメラをはじめたい方に最適です。

また、このカメラの特徴は高画素と高速撮影を兼ね備えており、動きモノの撮影にも強いカメラとなっています。

スペック
  • 有効画素数 2088万画素
  • 連続撮影速度 約8コマ/秒
  • センサーサイズ APS-C
  • 対応マウント ニコンFマウント
  • バリアングル液晶 チルト式
  • Wi-Fi 有
  • 価格 156,490円(掲載当時)

 

予算を考えないなら

せっかくなのでディズニーで使いたいカメラで、予算を考えずに買うならどのカメラとレンズなのかを私目線で考えてみました。

参考程度にご覧ください。

選ぶ目線ポイント
  • 私は大のキヤノン好きです
  • 開演から閉園までパークに滞在
  • ディズニーは三脚持ち込み不可
  • 風景メイン

カメラ

キヤノン EOS 5D Mark Ⅳ

このカメラの評価
コスパ
(3.5)
携帯性
(2.5)
AF
(5.0)
高感度
(5.0)
動体撮影
(5.0)
総合評価
(5.0)

動体撮影から風景撮影まで全てを完璧にこなすオールラウンダーフルサイズカメラです。

キヤノンの代表的なカメラでそのブランド力と性能、存在感は抜群です。ディズニーの綺麗な風景もキャラクターのかっこいい写真も全て綺麗に撮ることができます。

重量は少しありますが、吐き出してくれる写真を見れば苦にならないでしょう。

キヤノンユーザー憧れのカメラです

スペック
  • 有効画素数 3040万画素
  • 連続撮影速度 約7コマ/秒
  • センサーサイズ フルサイズ
  • 対応マウント EFレンズ
  • バリアングル液晶 非搭載
  • Wi-Fi 有
  • 価格 334,303円(掲載当時)

レンズ

EF24-70mm F2.8L II USM

定価:230,000円

言わずと知れた標準レンズの大三元です。標準ズームLレンズには他のライバルも存在しますが、やはり最後に辿り着くのが大三元のこのレンズだと思います。

ディズニーでも標準域のレンズは常に使用したい一本なので、標準ズームの最高峰なら良い写真が撮れること間違いなしです。

実は私も購入したのですが、クリアで高画質な写真を撮ることができます。さすが高級レンズだなと感動しました。

まだディズニーでは使用したことがありませんが、早く使ってみたいです。

見た目も赤帯が輝いてかっこいいです!カメラに見た目は関係ないかもしれませんが、やはり趣味の世界に見た目は大事です。

キヤノンのカメラは本当に好きです。

EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM

定価:150,000円

ディズニーの幻想的な雰囲気を撮るにはもってこいのレンズが『魚眼レンズ』です。魚の目でみたような不思議な写真が撮れるのですが、一見使いにくそうなレンズですが、ディズニーの雰囲気には抜群に合います。

使い方次第では超広角レンズとしても使用できるので、お金があれば欲しいレンズです。

EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

定価:300,000円

ディズニーで写真を撮るなら、やはりショーの写真は欠かせませんよね。

特にディズニーシーの水上ショーの写真を撮るには望遠レンズが必須です。

是非とも望遠レンズは用意したいですが、望遠レンズの中でもこの『EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM』は超望遠範囲を撮影できる焦点距離に圧倒的な描写能力で評価が高いレンズです。

このレンズで水上ショーを是非撮ってみたい憧れのレンズです。

まとめ

ディズニーでおすすめのカメラを紹介しました。この記事の写真は『EOS Kiss X7』で撮影しています。上の写真は夜の水上ショーということで少しノイズが出ていますが、十分撮れているのではないでしょうか。

激しく動くキャラクターも、綺麗な風景も1番安い一眼レフカメラでさえ、満足のできる写真になります。

ディズニーが好きで写真を撮るのも好きという方はぜひ一眼レフカメラの購入を考えてください。この記事が参考になれば幸いです。

また、カメラは高額品なのでネットで買うのは抵抗があるかもしれませんが、結局故障の際はメーカーでの修理となるので、Amazonなどで購入しても安心して使えます。

Amazonなどは信頼できるので、少しでも安い価格で買いましょう。

以上。最後までお読み頂きありがとうございます。

一眼レフカメラで大好きなディズニーをさらに楽しみましょう。

コメントを残す