おすすめのカメラ関連商品紹介!

長時間露光の勧め!ディズニーシーの夜景を綺麗に撮る方法

こんにちは!この記事にお越しいただきありがとうございます。

幻想的な夜景と言えば『東京ディズニーシー』ですよね。

ディズニーシーは本当に形式が美しく、特に夜景は歩いているだけで幻想的な世界を楽しむことができます。

そんなディズニーシーで綺麗な夜景写真を撮りたいと思ったことはありませんか?

今日は誰でもできる『長時間露光』を使用したディズニーシーで綺麗な夜景写真を撮る方法を紹介します。

気になる方はぜひチェックしてみてください。

長時間露光とは

長時間露光とは、1秒以上など長くシャッターを開いたまま露光させる撮影方法で、簡単に言うとシャッタースピードを長くした撮影です。

長時間露光の写真で代表されるのが花火の写真です。

長時間露光で撮影した花火写真は、打ち上げ花火の光跡を写真に写したり、花開いた複数の花火を1枚の写真に写すことができます。

その他にも夜景を撮影する時は長時間露光で撮影させることが非常に多く、簡単に綺麗な写真を撮ることができるのでおすすめの撮影方法でもあります。

長時間露光だとなんで綺麗に撮れるの?

夜景写真を撮るとノイジーなザラザラとした写真になった経験があると思います。

なぜ夜景写真を撮るとノイズが出るのかを紹介します。

まず、写真には適正露出といって、必要な光の量が決められています。

光の量を決める設定
  • 光を取り込む時間(シャッタースピード)
  • 光を取り込む穴の大きさ(F値)
  • 光を無理やり増幅させる(ISO感度)

光の量はは上記の3つの設定により決まります。

夜景など暗い場所での撮影では、もともとの光の量が少ないのでシャッタースピードが長くなり、光が通る穴が大きくなります(F値が小さく)、そしてそれでも足りない量は無理やり増幅させ必要な光量になるように調整されます(ISO感度)

しかし、ISO感度が高くなると無理やり光を増幅させるのでノイズがたくさん入ってしまいます。

またF値が小さくなると穴は大きくなるのですが、F値が小さくなるとボケやすくなります。夜景の写真は写真の端までくっきりと写るのが良いとされるので、F値が小さいのは風景写真には向きません。

「じゃあどうすれば良いの?」と言うことで長時間露光(シャッタースピードを長くする)が有効なのです!

綺麗な夜景写真を撮る設定

綺麗な夜景写真を撮る設定
  • 適正なF値(風景はF8以上が良い)
  • ISO感度 100

以上が綺麗な夜景写真を撮る設定です。もう少し説明します。

F値

F値をあげると写真の端までボケずにくっきり写すことができます。

風景写真は写真の端までくっきり写った方が綺麗なので、目安としてはF8以上の値が良いと言われています。

ISO感度

そしてISO感度は増幅させる量に応じて数値が上昇していきます。基準がISO 100でISO 100は増幅させていないそのままの光となります。

例えばISO 200なら光量を2倍させたとうことです。カメラにもよりますが画質の劣化を感じたくない場合はISO 800までに押させるのが良いです。

シャタースピード

綺麗に撮るための『F値』と『ISO感度』が決まっているのなら、あと光の量を確保できるのはシャッタースピードのみとなります。

今のままでは全く光の量が足りず、このままシャッターを切ると真っ暗な写真のでき上がりとなりますが、シャッタースピードを長くして必要な光の量を取り込めば綺麗な夜景写真の完成となります。

しかし、シャッタースピードを長くすると手ブレが発生しますよね?

街中の夜景写真なら三脚を使えば良いのですが、ディズニーランド、ディズニーシーともに三脚の持ち込みが禁止されています。

三脚での撮影はできませんが、手ブレさえしなければ良いので、手すりやゴミ箱、机などを使用することでパーク内でも長時間露光が可能となります。

特にゴミ箱は数も多く、色々な場所にあるのでおすすめです。

RAW形式で撮影する

ファイル形きはJPEG形式とRAW形式が選べると思いますが、夜景写真はRAW形式で撮影するのがおすすめです。

長時間露光でISO感度を下げて撮影した写真は、編集しても画質劣化が起こりにくく、特にRAW形式で撮影しておくと自分好みの写真い仕上げることができます。

ホワイトバランスを少し変えるだけでも、自分が見た景色そのものの色合いを再現することができるので、じっくり撮った夜景写真ほどあとで編集するのがおすすめです。

長時間露光で撮影した写真紹介

こちらの写真は場所的に長時間露光が難しいので、ISO感度を少し上げてなるべくシャッタースピードを短くするようにして撮影しました。

F値も少し開放側にしているので、手すりにフォーカスを合わせています。

撮影設定
  • シャッタースピード:2.5秒
  • F値:6.3
  • ISO感度:800

水の都『ヴェネツィア』をイメージしたパラッツォ・カナルです。

東京ディズニーシーの夜景写真で特に人気があるエリアで、三脚の代わりとなる手すりが多いので様々なアングルで撮影を楽しむことができます。

撮影設定
  • シャッタースピード:3.2秒
  • F値:7.1
  • ISO感度:800

この辺りも幅の広い手すりが多く、手すりの向こう側は海なので人が写りにくくおすすめです。

この角度のプロメテウス火山もとてもカッコいいですよね。

撮影設定
  • シャッタースピード:10秒
  • F値:8
  • ISO感度:640

雨のディズニーシーに行ったことがありますか?

普通は雨のテーマパークは嫌がられると思いますが、カメラ・写真好きには雨の日のディズニーシーは最高です。

水溜りができたパークはいつも以上に幻想的ですし、人が少ないので思う存分撮影を楽しむことができます。

※こちらは長時間露光ではありません。参考程度にご覧ください。

撮影設定
  • シャッタースピード:1/30秒
  • F値:2.8
  • ISO感度:4000

こちらは階段の段差にカメラを置いて撮影しました。

シャッタースピードは15秒とかなり長くしています。そのおかげてプロメテウス火山から出る噴煙やハーバーの波ががすーっと伸びています。

撮影設定
  • シャッタースピード:15秒
  • F値:10
  • ISO感度:320

まとめ

今回紹介した場所以外にもパークを見渡すと長時間露光に最適な場所がいくつもあります。

私はプロメテウス火山が好きなのでプロメテウス火山が被写体になることが多いのですが、皆さんもお気に入りの場所を長時間露光ができる場所を見つけてみてはいかがでしょうか?

きっといい写真が撮れるはずです。

自分の満足がいく写真が撮れればさらに写真を撮るのも楽しくなると思います。ぜひチャレンジしてみてください。

注意
撮影する際はパークのルールに従いルールを破った撮影はしないようにしましょう!

以上。最後までお読みいただきありがとうございます。

長時間露光はいいですよー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です